自分でもできる紙袋のリメイク方法はこんなパターン

転勤や引越しが多い方に、収納用品として、紙袋を使ってみてはいかがでしょうか。化粧品や掃除道具、キッチン用品などの収納にプラスチック製や金製の収納用具を用いている方が多いと思います。しかし、引越しの際、その収納品は、かさばるなどの理由から、処分してしまう方も多いのではないでしょうか。また、日々の掃除も大変ですよね。そのような時に、収納用具として紙袋を使ってみてはいかがでしょうか。今日では、素材によっては丈夫な物もありますし、例え壊れてしまっても、すぐ可燃物として処分でき、かさばりません。百貨店で買い物した時、服屋や、スイーツ店での買い物の際にもらうだけではなく、100円均一では、様々なパッケージやサイズのものを手軽に手に入れる事ができます。

紙袋で、手軽に収納用品を作ってリメイク。

買い物の際にもらった袋、また、自分で購入した、お気に入りの袋を用意してください。収納用品として使う袋の材質としては、カサカサした薄い袋(ベーカリーなどでもらう袋など)より、硬めのしっかりした袋をオススメします。しかし、もしカサカサした袋を使いたい時は、内側からダンボールなどの硬い素材で補強すると、使いやすいと思います。袋のマチをしっかり底まで開き、袋の縁全体を内側に織り込みます。好きな高さまで内側に織り込んだら完成です!もし自分の決めた高さが低い場合、少しだけ縁側から切って内側に織り込んだほうがよいでしょう。とても簡単にできますし、しっかり収納に最適です。袋の底にダンボールを敷いても良いでしょう。あなたは、そのリメイク袋収納に何を入れますか?

より、生活に役に立つよう様々な仕様用途

家で一番かさばるもの、それは、請求書、郵便物、雑誌などの紙類ですよね。まとめて置いて、後から見直そうとして、また散らばらせてしまう。悩みの種が増えますよね。プラスチックのファイルに入れるにも、しっかりラベリングしていないと、どこにいれたかわからなくなりますよね。そこで先に紹介した袋で、ファイルしてみるのはいかがでしょうか。請求書なら請求書、レシートならレシートの高さにあった硬めの袋を用意します。袋の中の左右両側にダンボールや厚紙などで作ったジャバラを入れます。そして、自分が分けたいだけの仕切り版を厚紙何枚かをジャバラの溝にいれて、仕切りにします。簡単なファイリングシステムの完成です。分ける要領としては、日にちごと、一週間ごと、品目ごとなどで分けます。ジャバラの幅を大きめにすると、よりわかりやすいと思います。上が開いているので、プラスチックのファイルより取り出しやすいと思います。ぜひ、お試しください。